自動ブレーキは各メーカーで開発されています。性能を比較して違いを探りましょう。

自動ブレーキの戦国時代!各メーカーの送り出すブレーキ性能を比較

MENU

ドライブに出かける車
近年、安全装備が充実した車が増えていますよね。
運転支援システムが発展したおかげで、より安全で快適なドライブができるようになったと思います。

 

しかし、自動車メーカーはそれぞれ独自で安全技術の開発・提供を行っているため、機能の名前や性能まで把握できている人は少ないのではないでしょうか?

 

今回はトヨタ、日産、ホンダ、スバルの4社を例に挙げ、各社が提供しているぶつからない技術を中心に紹介します。

 

自動ブレーキとは

自動ブレーキと呼ばれてはいますが、勝手に止まってくれる機能ではありません。

 

被害の軽減を目的としており、ドライバーのブレーキをアシストする機能です。必ず止まる機能ではないことを覚えておきましょう。

 

また、障害物を検知するセンサーとしてカメラ、レーダーが使われています。

 

 

検知センサー

カメラには以下の2種類があります。
単眼カメラ

日常でよく使うカメラのことを指します。
低コストでサイズが小さいため、設置コストに優れますが、距離の測定を苦手としています。

 

ステレオカメラ

人間の目のように2つのカメラで対象を測定します。
立体的な測定が可能となるため、奥行をより正確に捉えることができます。

 

 

 

レーダーには以下の2種類があります。
赤外線レーザー

家電のリモコンなどにも使用されている赤外線レーザーを利用しています。
照射できる距離は短いですが、その分コストが低いことが特徴です。

 

ミリ波レーダー

天候に左右されず、赤外線よりも遠い距離まで検知できます。その分、物体の識別は不得手です。

 

自動ブレーキ性能をメーカー別に比較

各メーカーのブレーキ機能の名称、採用システム、作動条件などの違いについてまとめてみました。
ブレーキを踏む様子

トヨタ
  • 名称 ⇒ 「プリクラッシュセーフティブレーキ
  • システム ⇒ 単眼カメラ+ミリ波レーダー
  • 作動対象 ⇒ 昼間(車、人、自転車)夜間(車、人)
  • 作動する走行速度 ⇒ 約10~80km/h 
  • 停止可能な速度差 ⇒ 約40km/h以下

 

ホンダ
  • 名称 ⇒ 「衝突軽減ブレーキ
  • システム ⇒ 単眼カメラ+ミリ波レーダー
  • 作動対象 ⇒ 昼間(車、人、)
  • 作動する走行速度 ⇒ 約5km/h~
  • 停止可能な速度差 ⇒ 約5km/h~

 

日産
  • 名称 ⇒ 「インテリジェントエマージェンシーブレーキ
  • 作動対象 ⇒ 昼間(車、人、)
  • システム ⇒ 単眼カメラ
  • 作動する走行速度 ⇒ 約10~80km/h
  • 停止可能な速度差 ⇒ 約30km/h以下

 

スバル
  • 名称 ⇒ 「プリクラッシュブレーキ
  • システム ⇒ ステレオカメラ
  • 作動対象 ⇒ 昼間(車、人、自転車)
  • 作動する走行速度 ⇒ 約1~160km/h
  • 停止可能な速度差 ⇒ 約30~50km/h

 

まとめ

評価は星3つここまで自動ブレーキの紹介と各メーカー別の比較を行いました。

 

昨今は性能が各メーカーで横並びになりつつあり、どのメーカーでも最低限の基準はクリアしています。

 

また、自動車業界の大きな流れとして、安全装備の標準化が進められていますが、メーカーによっては車種によってご紹介した内容と異なる場合があります。

 

グレードの細分化も進んでおり、装着可能かどうかもしっかり確認を行いましょう。