ドライブレコーダーの装着は当たり前?メリットと導入のコストをご紹介します。

ドライブレコーダーが証人となる-頼れる相棒の選び方とコスト

MENU

ドライブレコーダー搭載車これまでドライブレコーダーは、バス、タクシー、トラックなどの公共交通機関や商用車への装着率は高い傾向にありましたが、個人所有の車まではなかなか普及していませんでした。
しかし、昨今あおり運転誤操作による暴走など、危険運転に関するニュースや記事などが連日取り上げられており、社会問題となりつつあります。

 

どれだけ自身が気を付けていても、いつ事故に巻き込まれるかわからないものです。

 

そうした中で危険運転への対策アイテムとして、ドライブレコーダーへの関心が高まっています。

 

これからドライブレコーダーの導入を検討している方も多いと思いますが、現在ではさまざまな機能・価格帯のドライブレコーダーが各メーカーから展開されており、どういった基準を設けて機材選びをすべきか悩んでいる方も少なくないでしょう。

 

本ページでは、ドライブレコーダー取り付けのメリット、導入コスト、実際に役立ったケースをまとめています。

 

ドラレコ導入のメリット

交通事故時に映像を記録し、事後処理をスムーズに交通事故が発生した際の音声・映像を記録できることはドライブレコーダー装着の大きなメリットの1つです。

 

特に接触事故の場合は過失の割合が重要視されます。咄嗟のことですので、記憶も曖昧なものですし、その際に相手から強い口調で押し切られるケースもあります。

 

その際に映像を証拠として提出することで、相手の過失を証明することができます。

 

当て逃げやイタズラの証拠を残せる

ドライブレコーダーは、走行中だけでなく駐車中も映像を記録すことができる機能があります。

 

駐車場に置いている間に当て逃げやイタズラ被害にあっても相手が分からないため泣き寝入りなんてケースも、交通事故時と同様に映像として証拠を残すことができます。

 

危険運転への抑止力として効果的

最近では前方を撮影するだけでなく、後方を撮影出来るものや、360度撮影可能なものが販売されています。これらの機能は、後方から衝突された際の証拠を記録できる他に、昨今問題視されている危険運転の記録・抑制効果もあります。

 

導入コスト

5,000円未満

ドライブレコーダーこの価格帯のドライブレコーダーになりますと種類が限られてきます。
機能は簡単な録画のみで、解像度も必要最低限度であることがほとんどです。
またメーカーによるエラー修正が遅れていることもあり価格重視の方以外にはおすすめできません。

 

5,000~10,000円

この価格帯までは海外メーカー製が多くを占めています。機能面に関しては走行中の録画機能が主となっており、常時録画には対応していないものが多いです。
しかし、中には衝撃を感知すると走行中以外でもあっても、自動で録画を開始する機能を持つ機種がこの価格帯から出てきます。

 

10,000~20,000円

この辺りの価格帯からは海外メーカーに混ざって国産メーカーの機体も選択肢として増えてきます。国産メーカーのものは、GPSや駐車監視機能などの上位機能が複数搭載されています。海外メーカーでは解像度に特化したモデルが登場しています。

 

20,000円~

この価格帯からはフルスペックモデルが多くなり、前方監視に加えて、後方監視や360度監視可能な機種が出てきます。録画機能以外の面では、安全運転支援機能がつくものもあります。また国産メーカーと海外メーカーの間に機能差がなくなるため、独自の機能や保証などのアフターケアの面で選んでいくことになります。

 

番外編

これまでは導入コスト別に特徴を紹介してきましたが、最近では任意保険の特約の中にドライブレコーダー貸出を行うものも出てきています
月額600円前後ほど保険料が上がりますが、保険会社がセレクトしたドライブレコーダーを借りられるため、選ぶ手間が省けます。また、貸出用のドライブレコーダーは交通事故時に撮影されたデータが自動で保険会社に転送される機能が搭載されております。

 

ドライブレコーダーが役に立った事例集

事例1 「自動車同士の接触事故」

乗用車とタクシーによる衝突事故が発生しました。
その事故では、タクシー側が乗用車に対して信号無視が原因で事故が起きたと主張し、修理代を請求したものの、乗用車側がこれを否定し、少額訴訟に発展しました。

タクシー側が取り付けていたドライブレコーダーの映像が判決を左右するものであった為、乗用車側の申し出によって修理費を払うことで和解することになりました。

 

事例2 「自転車と自動車の接触事故」

自動車と自転車による接触事故が発生しました。
通常であれば自動車側が過失を問われることが多いですが、この事故では自動車に搭載していたドライブレコーダーの映像を証拠として提出しました。

結果としては、ドライブレコーダーの映像から自転車側が無灯火走行に加え、信号無視を行っていたことが明らかになり、10:0で自動車側の過失0の判決が下りました。