視界を確保し、車間距離を十分にとり、速度を落として周囲の状況に十分注意を払うようにします。

雨天時の運転で注意すべきこととは?充分に安全確認をしよう

MENU

雨天時の運転

 

雨天時の運転は視界が悪くなり、歩行者やバイクや対向車等を確認することができにくくなります。
そのため事故も起こりやすくとても危険です。ここでは雨天時に運転をするときの注意をご紹介します。

 

 

速度を落として周囲の確認を怠らない。

雨天時の走行

 

歩行者は傘や雨音などで車や周囲の状況を確認しづらくなります。
歩行者を確認したら速度を落とし、歩行者に十分注意を払って通過するようにしましょう。

 

バイクなどの二輪車も雨で視界がかなり妨げられています。
車間距離を十分にとり、バイクなどの二輪車の動きに十分注意を払いましょう。

 

また、ライトを点けこちらの存在を相手に気付いてもらいやすいようにしましょう。
夜間や交差点などは特に事故が起こりやすいので、安全確認等周囲の状況に十分注意を払うようにしましょう。

 

 

視界の確保をする。

 

雨天時は湿度によりフロントガラスが曇りやすくなります。エアコン機能を使い曇らないようにしましょう。
雨の降り始めはフロントガラスが汚れてしまいワイパーの機能が十分に果たされない恐れがあります。
そういった場合はウオッシャー液を利用し、汚れで視界が悪くならないようにしましょう。

 

 

日頃から車両の点検をする。

 

ワイパーのゴムが劣化したりフロントガラスに油膜がついていたり、ウオッシャー液が不足していたりすると視界の悪くなる原因になります。
また、タイヤが消耗していると雨天の走行中にスリップを起こす原因となります。
日頃から車両の点検をこまめにするようにし、不具合が発見されたときには速やかに交換や修理をするようにしましょう。

 

 

スリップに注意する。

 

タイヤが消耗していなくてもスピードが出ているとわだち等の路面状況でスリップを起こす原因になります。
また、信号などの停止時に晴天時よりも制動距離が長くなり停止がしづらくなる恐れがあります。
雨天時には車間距離を十分にとり、スピードを控え、停止をする際には早めに速度を落として停止するようにしましょう。
また、追い越しや車線変更もスリップを起こす原因の一つになりますので、できるだけ控えるようにしましょう。