左折時の巻き込み確認を大切に!徹底した目視を

左折時の巻き込み確認は交通事故を減らすコツ

MENU

左折時の巻き込み

 

右折に神経を尖らせても、左折に対しては気を緩めてしまう人も多いようです。

 

左折時の注意点はなんといっても巻き込みによる事故です。

車が左折しようとするとき、自転車や2輪車、原付などを巻き込んでしまうことです。

 

⇒【右直事故についてはこちら。】

 

もちろん横に自転車や原付があれば大抵は事前に気がつくものですが、車の横を2輪車が並走していると、
位置によっては死角になって、車のドライバーから認識できないポジションが発生するのをご存知でしょうか?

 

 

いないと思って左折したら、巻き込んでしまったということがないように行うのが目視による巻き込み確認です。

 

自動車教習所では、左折時の「巻き込み確認」を口が酸っぱくなるほど教え込みます。
誰もが教習所に通っていたときは、この巻き込み確認を徹底して行いますね。
しかし、自動車教習所を離れ、教官が隣にいなくなるとどうしてもこの巻き込み確認が不徹底になりがちです。

 

たしかに、この巻き込み確認は、そこまで徹底して行われていないというのが実態です。
しかし、この巻き込み確認をしないことで事故に発展しているケースというものは意外と多いです。

 

黄色いトラック

特に普段小型自動車や普通自動車を運転していて、普段あまり乗り慣れないトラックなどを運転するという場合には注意が必要です。

 

大きなトラックであればあるほど、乗用車とは勝手が違い、
人を轢かないまでも、いつもはスンナリ通ることのできる場所も乗り上げてしまったり、脱輪してしまうことがあります。

 

車両感覚や視界も変わってくるので、自転車や原付を巻き込んでしまう可能性も高くなってきます。

 

左折による巻き込み事故は、普段あまりトラックを乗らない人だけでなく、仕事でいつもトラックに乗っている人や大型長距離ドライバーなどプロのドライバーでも起こしてしまうので、尚更十分な注意が必要といえるでしょう。

 

また、左折時は巻き込み確認をしっかりやることと同時に、曲がるためによく減速することも大切です。

 

速度を十分に落とせば、曲がるときに心のゆとりが生まれて、
巻き込み確認をする時間的余裕や、万が一何かと接触しても事故を最小限にとどめることができます