車の無灯火は自分にとっても周囲にとっても非常に危険

自転車でも取締りを強化!車の無灯火に注意

MENU

無灯火

 

自動車を走行させる上で無灯火であるということは、非常に危険極まりない行為です。

 

まず、無灯火のまま自動車を走行させると自分の視界が非常に暗いことに気づくはずです。
これは誰もがやってしまったことがあるとは思いますが、無灯火のままでも夜間、走行できないことはないのです。
だから、ある程度は走ってしまいますが、あとになって違和感を感じ、ライトが点いていなかったことに気づきます。

 

しかし、これは自分の視界も狭くなり、走行が危険になるだけでなく、
周囲の車にとっても存在を確認することが困難になるため非常に危険です。

 

暗闇の中を走行するときは、ライトの光を頼りに誰もがその存在を認知するのですから、
夜間の無灯火は絶対に避けるべきなのは当然です。

 

ただ、全体の交通事故の中で夜間の交通事故の発生率が高いかというと必ずしもそうではありません。

 

 

もっとも交通事故の発生が多い時間帯は、
夕方の4時~6時頃といった、日が沈み暗くなっていく時間帯に多いとされています。

 

夕方日没近くの時間帯には、ライトを早めにつけるようにと言われますが、
それほどこの時間帯は運転が不安定になりやすいということがいえるでしょう。

 

そして、通勤の時間帯であることも関係しており、朝よりも、仕事が終わり、疲労が蓄積しているところへ、
帰宅の運転の労力と不安定な視界状況になるので事故発生もそれだけ多くなります。

 

昼から夜への切り替わりの時間帯のため、うっかり無灯火になってしまっている例も少なくありません。

 

日没の時間は季節によっても変わりますが、
こういった場合には何時にはライトを点けるということを自分の中でルール化しておくと良いでしょう。

 

そうすればうっかりライトを点け忘れたということも少なくなり、事故のリスクも減少させることができるでしょう。

 

 

自転車

また、自動車だけでなく、
自転車の無灯火も非常に危険だということが指摘されています。

 

自転車の灯火は、他人に自分の存在を知らせる目的が強いため、
自転車を無灯火で走らせてしまうと、自動車の認知が遅れ、大きな事故の原因になってしまいます。

 

最近では、自転車を無灯火で走らせることに対する取り締まりも強化されており、自転車だから大丈夫と思わずにこまめに灯火する癖をつけましょう

 

⇒【車線変更についてはこちら。】