トラックの影に注意!右直事故の危険性を考える

交通事故は交差点で起きる!右直事故の死角に注意

MENU

交差点の右直事故

 

右直事故は、交差点内で発生する事故のことで、右折車と直進する対向車との事故を言います。

 

右直事故では、ドライバーの認識に錯覚や判断ミスがあり、右折する車が対向車と衝突してしまいます。

 

大型トラック

これにはいろいろな要因が絡んでおり、車の大きさや車高、二輪車の特性といったことが重なり合い起こるとされています。

 

特に大型トラックの存在は、後続車や並走車を影に隠してしまいがちです。

 

右折車はこういった大型車の存在に気を取られて、後続に軽自動車やコンパクトカーや2輪車などが走っていても、その存在を認識しにくい状況が発生します。

 

右折をしようとしている車のドライバーの目に後続車がないように見えても、突然視界に入り込んできたということも少なくありません。

 

特に2輪車は4輪車の隙間を縫って走行することができるので、車と車の間から突然駆け抜けてくることもできるのです。

 

また、「サンキュー事故」と呼ばれるものがあります。

 

これは交差点内で対向車が右折する車を先に行かせようとしてパッシングによる合図などで道を譲ったとします。
そして、右折車はそれに答えて手をあげたりして「ありがとう。」の意思を示して右折を開始します。

 

このように状況によっては直進が原則の交通ルールの中で微笑ましい譲りあいもあるのですが、
突如譲った車の左脇から2輪車が疾走してくるときがあります。

 

気が付いたときにはもうすでに時遅しで、右折車と2輪車は衝突してしまいます。

 

やはり、こういった事故を回避するのもくどいほどの安全確認でしょう。

 

対向車が道を譲る行為は、非常にありがたい行為ですが、
なるべく直進車優先の鉄則を守った方が全体にとってもイレギュラーが少ないのではないかと思います。

 

右折するときは、絶対に車が来ないことを目視で確認したいです。

 

「後続車のためにも早く曲がらなきゃ。」
「もう信号が変わるので対向車は来ない。」

と右折を急ぐ人もいますが、右折の瞬間だけでも気持ちを落ち着け、安全を確認してから発進する心のゆとりがほしいですね。