周囲に気を配り、安全確認をしながら運転することは、事故を防ぐための手段になります。

だろう運転は絶対NG!常に周囲の安全確認を

MENU

だろう運転

 

かもしれない運転は「人が飛び出してくるかもしれない」など常に危険を予測しながら運転をすることを意味します。
ここでは対義語である自分によって都合よく解釈するだろう運転と共にかもしれない運転についてご紹介します。

 

 

だろう運転とは

 

自分の都合のいいように「たぶん大丈夫だろう」と思い込んで運転をすることを「だろう運転」といいます。

 

普段生活しているうえで「たぶん大丈夫」と思い行動することはポジティブでありいいことではありますが、だろう運転をしていていざ事故が起こってしまった結果、事故が起きると「そうなるとは思わなかった」ということになりかねません。

 

だろう運転は自分勝手な思い込みであり、危険な運転です。道路標識や速度や周囲の安全を怠ることは事故につながります。
車を運転するときはだろう運転をしないようにしましょう。

 

 

かもしれない運転とは

 

人が飛び出してくるかもしれない」等と今の状況から起こりえる事故を予測し、常に周囲の確認を怠らない運転のことを言います。

 

運転行為以外ではネガティブな考えになってしまうのであまりいい考えだとは思えませんが、運転をするということに関しては、周囲の状況に常に気を配り運転をすることは事故を抑止する一つの方法だと考えられます。
道路標識や人の気配などに気を配ることにより、危険をいち早く察知しより安全な運転をすることができます。

 

 

事故を起こさないために

運転する女性

だろう運転ではなく常にかもしれない運転を心がけましょう。
周囲に気を配り、安全確認をしながら運転することは事故を防ぐための一つの手段になります。

 

運転をしているときに少しでもかもしれないという考えがよぎったら、その考えを否定せずに周囲の安全を確認するようにしましょう。
自分にとって都合のいいようになるとは限りません。