交通事故加害者のリスク!刑事・民事・行政上の責任

刑事・民事・行政3つの交通事故加害者が負うべき責任

MENU

加害者側のリスク

 

被害者

交通事故における加害者のリスクについても考察したいと思います。

 

交通事故において痛ましい事故にあい最も不幸なのは、言うまでもなく被害者の方です。
何の落ち度もない被害者であれば尚更で、残された遺族の方の心痛も想像を絶するものがあります。

 

特に交通事故による別れは、ある日突然訪れるものなので、被害者家族はその衝撃を受け入れられないことも多く、長い間ひどい喪失感に苛まれることなります。

 

そして、加害者にとっても一生その罪を背負って生きていかなければならないというリスクがあります。

 

賠償金や慰謝料など多額の費用を請求されることもあるので、車のハンドルを握るということは、決して簡単なことではないということは断言しておかなければなりません。

 

交通事故を引き起こしてしまった加害者の責任は以下の3点に分けられます。

 

 

刑事上の責任

 

自動車を運転していて、人に危害を与えたり、死傷させたりすれば、まず刑事上の責任が課されます。

 

危険運転致死傷過失運転致死傷などをはじめ、
飲酒運転をしておきながら人を死傷させて逃げ、アルコールを抜いたりすれば、発覚免脱の罪に問われ、
保護責任者遺棄罪保護責任者遺棄致死罪などに問われます。

 

近年は刑事上の罪が厳罰化しており、ドライバーとなる上でまず最初に念頭に入れておかなければならないところです。

 

 

 

 

民事上の責任

 

自動車事故における民事上の責任とはいわゆる損害賠償のことで、
人を死傷させたり、器物や建造物を損壊させてしまうと多額の賠償責任を負うことになるので非常に責任が重大です。

 

被害者や遺族への慰謝料や治療費の多額の費用の捻出は並大抵のものではありません。
自賠責保険は法律により義務付けられていますが、任意の自動車保険にも必ず加入するようにして、万が一の事態に備えましょう。

 

 

 

 

行政上の責任

 

自動車で交通事故を発生させてしまうと行政上の処分を受けることになります。
これは、道路交通法の違反により付加される点数制度やそれによる運転免許の停止、取り消しなどの決まりのことです。

 

違反行為を続ければ、いつかは免停になったり、運転免許が剥奪されたりなど、深刻な事態に直結します。
そして、重大な交通事故や人を死傷させたりすると一発で運転免許が剥奪されたることもあります。