居眠り運転は危険すぎる!すぐに停車して仮眠をとろう

居眠り運転やよそ見運転は危険!体調管理の重要性

MENU

居眠り・よそ見運転

 

自動車運転における居眠りやよそ見は、交通事故に直結する非常に危険なファクターです。

 

自動車の運転というのは、常に体調が万全のときでないとしてはいけないものになっています。
居眠り運転や体調不良による運転は大きな事故に発展します。

 

また、体調が万全でもよそ見運転やわき見運転などは大きな交通事故の原因となります。

 

 

 

居眠り運転

居眠り運転

 

まず、居眠り運転がもつ危険性について考えていきましょう。

 

人は誰しもが疲労がたまっているとき、睡眠が不足しているとき運転中でも眠ってしまうことがあります。
しかし、運転しながら眠ってしまったらどうなるか考えてください。

 

眠っていながら普通に運転することは誰にもできませんよね。

 

アクセルを踏みっぱなしで走行を続ければブレーキが必要なときでも走り続け、
どこかに衝突したり、車に追突しなければ停止することはありません。

 

そうやって停止したときにはもう時すでに遅し。
大惨事になっていることは間違いありません。

 

もし、運転中眠くなったら、速やかに車を安全な場所に停止させ、一眠りしたいところです。
高速道路では、パーキングエリアやサービスエリアがあるので、ドライバーの仮眠のためにも利用されています。

 

居眠り運転は、酒酔い運転と同じくらい、もしかしたらそれ以上に危険な運転かもしれません。
絶対に行わないようにしましょう。

 

 

 

 

よそ見

 

よそ見

 

居眠り運転や酒酔い運転のように意識が朦朧とした中での運転は非常に危険な行為です。

 

しかし、たとえ意識は正常でも、
スマートフォンや携帯を注視しながら運転するという「ながら運転
景色や風景、建物に注意を奪われながら運転する「よそ見運転

は非常に危険な行為です。

 

運転に慣れてくると、運転だけに集中するのではなく、同乗者と会話をしたりと運転にゆとりが出てくることも確かです。

 

同乗者との会話の中で「あの建物はなんだろう?」「あんなお店あったっけ?」などと、
目的地と関係のない会話ばかりに気を取られて、よそ見運転がすぎるといつか大事故につながってしまいます。

 

一瞬、外の景色を見ることはあります。
しかし、これに気を取られ過ぎてしまうと非常に危険です。

 

気がついたら前方の車に追突していたということがないように、よそ見、わき見には十分に気をつけておきたいものです。

 

交通事故の中でも、わき見運転の占める割合というものは、
非常に大きなものとなっており、普段から気を引き締めておきたいポイントのひとつです。